拘束/玩具/言葉責めなどのソフトSMを中心としたM女専用ブログ。調教の様子、コラムなど。調教希望者も随時募集中

正しい騎上位

騎上位に対し苦手意識を持っている子は多い。

おそらく、動き方が分からないのと、疲れるだけでさほど気持ちよくない、のが大きな理由だと思う。

 

事実、ほとんどの人が騎上位の基本形を知らない。

ただしい騎上位が身につくと、それほど疲れないし気持ちもいい。

まずはそれを習得するのが騎上位のお作法となる。

 

典型的な間違いパターンは上下にピストン運動をしてしまうこと。

アソコを出し入れしようとしてそのような動きになるのも分かるが、それは基本形ではない。

この上下に動かす方法は、スクワットしているのと同じで太ももが非常に疲れる。

そしてなにより、それほど気持ちよくない。

 

そもそも、『騎上』つまり馬に乗っている人はスクワットをするように上下に動いているだろうか?

馬に乗っている人は前後に動いている。これが騎上位の基本的な動作となる。

 

上半身は動かさないように固定し、腰から下を前後に動かす。クリを擦りつけながら振り子のように。

コツは腰を「前に出す」より「後ろに引く」というイメージを持つ。

日常でこのような動作は馴染みがないので難しいかもしれないが、ダンス経験や骨盤運動をしている人には分かりやすいかもしれない。

 

上下に動かすことに比べると、体重を乗せれる疲れないし、クリも刺激され気持ちがイイ。

まずはこの動き方を覚えるのが大事。

この基本形だけでも、手は前に置くのか後ろに置くのか、体は起こすのか密着するように倒れるのか、足は膝立ちなのかM字で立つのか、などバリエーションは豊富にある。

 

上下に動く騎上位もパターンとしてあるが、それは基本形が身についてからでも遅くない。

騎上位での気持ちよさを理解すれば、もっと騎上位が楽しくなるよ。

 

調教体験 受付はこちら

 

関連記事

最初にお読みください

調教の様子