拘束/玩具/言葉責めなどのソフトSMを中心としたM女専用ブログ。調教の様子、コラムなど。調教希望者も随時募集中

会社員Hの調教体験

7月12日、川崎市内某所。

初めまして。
神奈川県在住、27才のOLです。
SMに興味があり今回ご連絡させて頂きました。
小説に出てくるような、拘束、目隠し、口枷されながら、焦らされたりおもちゃで責められるシチュエーションが憧れです。
SMは未経験ですし、普通のセックス経験もあまりありませんが大丈夫でしょうか。
一度お話を聞かせていただければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

相手は、H(仮名)28歳会社員。

その後、Hと何度かメールでやり取り。

きつめに拘束されておもちゃなどで責められるシチュエーションに憧れています。
漠然としていて申し訳ないのですが…

メールも受け答えが丁寧で、質問にも的確。

 

やり取りはスムーズに進み、調教体験の日取りもすんなり決まった。

 

いざ、当日。

先にホテルに入りHを待つ。

部屋に尋ねてきたHは、落ち着いたOLといった雰囲気で、服装も清潔感があり「大人の女性」といったイメージだった。

 

簡単に挨拶を済ませ、そこから軽く会話。

SM的なプレイはレディコミを読んで、興味があったようだ。

Hからは何とも言えない緊張感が伝わって来た。

 

いよいよ、プレイ。

まずは水着の着用。

haruka05-1

この時点でかなりの羞恥心を感じているのか、ずっと頬が紅潮している。

 

そして、椅子にM字開脚の体勢で座らせ、手を後ろで固定、足をくくりつけ、そしてアイマスク。

haruka04

後ろから乳首を中心に全身をじっくりと愛撫。

Hは、それほど声に出ないタイプだったが、アソコはすぐに染み出るぐらいヌレヌレに。

体は正直なようだ。

 

アソコがかなり熱くなってきたところで、口枷をプラス。

ローターをクリに当て責める。

 

口枷により、いやおうなく声が漏れる。

 

その後、床四つん這いからのご奉仕、ご褒美へ。

 

Hは終始対応が丁寧で好印象な女性だった。

 

調教体験 受付はこちら

最初にお読みください

調教の様子