気持ちよくなりたいM女に向けたブログ。拘束/玩具などソフトSMを中心とした調教の様子など。調教希望者も随時募集中

社会人S(25歳)の調教体験

2020/2/15(土) 都内某所

1月には定期さんとのプレイがあったりが、調教体験としては2020年初となる。

社会人のSの初問い合わせは、実は去年の10月。

初めまして。Sと申します。
私は今現在、お付き合いしている方がいます。
しかし、夜に関して相手を喜ばそうと言う気持ちが勝るのと、正直相性が良くないのか、自分が本気で気持ちよくなることがあまりありません。
相手が気持ちよくなってくれるならそれはそれで嬉しいのですが、最近悩み始めています。
また彼氏には言いづらいですが、ソフトSMに興味があり勇気を出して、応募してみました。

 

その後メールのやり取りで日程を調整したが、土壇場でキャンセル、そして音信不通となっていた。

その気が無くなったのだろうと、深追いもせずそのままほっておいた。

年末年始に不要メールの整理をしていて、メールを見つけ最後にと思い連絡したところ、返事が返ってきた。

彼女なりになかなか踏ん切りがつかなかったようだった。

その後、1月初めにお茶しながら顔合わせを行い、本日体験となった。

 

Sは写真で分かるようにかなりのスレンダー体型。

身なりや雰囲気はショップ店員のような感じ。

メールでは割と普通の言葉遣いだったが、話をした感じギャルっぽいというかなんというか・・・

個人的には得意かと言われれば、、、笑

 

Sは撮影NGということだったので、今回は調教様子の動画等はない。

ブログ用にトップ画像だけ写真を撮らせてもらった。

 

プレイもどちらかと言えば反応など勝手が違い、やり辛さはあった。

まぁ彼女としても半分興味本位が強かったと言っていたので、SM的なプレイにはそこまでの意識はなかったのかもしれない。

彼氏がかなりの早漏らしく、あまり気持ちよくなったことがなく、「気持ちよいセックス」の方が比重が高かったのだろう。

 

そのあたりの希望を鑑み、調教を行った。

ロングセックス調教というべきか。

たいていの子は本当の絶頂に達する前に、相手がイッてしまい、そこまでたどり着く経験が少ない。

男による部分が大きい、そこが女性の悲しいところ。

本当の気持ちよさが分からない。

 

私の場合、自分の絶頂は調整できるので、半永久的に続けられる。

(もちろん、相手の様子を見ながらだが)

女性の気持ちよさは、自分が思っているより2歩先にある。

そこに到着するには、男側で最低限の体力とスキルが必要になる。

 

今回も、Sの新しいドアを開けるようなプレイを行った。

そのかいあって、最後は痙攣したようにイッていた。

(本人は初めての経験でよく分からないと言っていたが)

「生身のチ〇チ〇でこんなに気持ちよくなったのは初めて」とも言っていた。

 

せっかく来てもらってるし、そう言ってもらえるのはこちとしても嬉しい。

 

体験調教に興味があるM女はこちら

調教の様子

カテゴリー

アーカイブ

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031